理数工学科

理数工学科の日常

 理数工学科では毎朝の小テストに始まり、放課後は英語や数学の補講、資格取得に向けた勉強や実習の口頭試問に取り組みます。
 また、年に4~5回の模擬試験を行い自分の実力をチェックします。各部活動に所属している生徒も多く勉強と部活動の両立を図り日々頑張っています。

専門教科

 理数工学科の専門教科は主に化学・物理分野になります。
 内容としては化学基礎・化学と物理基礎・物理の4科目になりますが、座学(教室で行う通常の授業形式)と実習(理数工学科棟実験室で行う実験)の2つがあります。
 座学では教科書に沿った内容になりますが、実習は教科書にある実験や、より専門的な内容の実験まで様々です。実習は1グループあたり10人の少数編成で、内容は化学系・物理系・情報系・生物系などを行います。座学とは違った授業の雰囲気が味わえます。